市民記者ニュース


by medifes2009

★TOKYOメディフェス2009プレ企画★「市民の知る・伝える・提言する権利とマスメディアのCSR」

盛り上がれ~メディフェス!
ということで、プレ企画やります。
スペシャルゲストあり、冊子プレゼントあり、
申し込み不要で飛び入り歓迎です。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

2009年8月29日(土)14:00~16:30

<★TOKYOメディフェス2009プレ企画★>
メディアを変えれば世界が変わる勉強会The Final

 「市民の知る・伝える・提言する権利とマスメディアのCSR」
 http://www.aseed.org/ecocul_media/

 主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN メディアCSRプロジェクト
 http://www.aseed.org/ecocul_media/

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_


「知る」という権利
「伝える」という権利
「提言する」という権利

現代ほど個人が処理する情報量が多い時代はありません。平成18年版の
経済産業省の『情報流通センサス』レポートによると、この10年間で
「選択可能情報量」は約532倍に、実際に消費された「消費情報量」は
約64倍に増えました。

一方でマスメディアには報道されないニュースや黙殺されるマイノリテ
ィの意見、取り上げられないNGOの政策提言など、「選ぶことの出来な
い情報」は依然として存在しています。

私たちの「知る・伝える・提言する権利」とは何か?
マスメディアはこれらの権利をどう守るべきか?
市民メディアの課題と展望は?

視聴者として、ジャーナリストとして、あるいは編集者として、例えば
「報道されないニュース」が生まれそうな時に、奪われそうな「知る権
利」を勝ち取るアクションを効果的に起こせる方法を一緒に考えてみま
せんか?

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

◆イベント概要

日時:2009年8月29日(土)13:45開場、 14:00開始、16:30終了予定

場所:アシードジャパン事務所
アクセス:東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅より徒歩5分
http://www.aseed.org/recruitment/map.html


◆プログラム(予定)
1:メディアCSRプロジェクト活動紹介
 2:知る権利と世論の喚起
  3:伝える権利と世論の形成
  4:提言する権利と権力の監視
   5:フリーディスカッション「メディアCSRと私たちの情報権」
    ~市民に出来る事・メディアに提言すべき事~

◆資料代:一般500円、学生・ASJ会員300円

◆定員:20名

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
[PR]
by medifes2009 | 2009-08-28 21:50 | 市民記者によるレポート