市民記者ニュース


by medifes2009

カテゴリ:市民記者によるレポート( 18 )

TOKYOメディフェス2009の実行委員にボランティアスタッフがインタビューするシリーズ。二回目は会場の設営や屋外イベントを運営する松浦敏尚さんです。

(メディフェス・ボランティア 高野聡)



[PR]
by medifes2009 | 2009-09-11 15:55 | 市民記者によるレポート
TOKYOメディフェス2009の実行委員にボランティアスタッフがインタビューするシリーズの第一弾です。トップバッターはメディフェス2009を中心的に運営する白石草さんです。

(メディフェス・ボランティア 高野聡)


[PR]
by medifes2009 | 2009-09-11 03:22 | 市民記者によるレポート
 今日9月9日(水)、霞ヶ関の弁護士会館10階で、TOKYOメディフェス2009のプレス会見が行われた。
 今回の会見では市民メディアアドバイザーの下村健一さん、NPJ編集長で弁護士の日隅一雄さん、駒澤大学の金山智子さん、Our Planet代表の白石草さん、フリーライターでメディフェス事務局の岩本太郎さんの5人が、メディフェスの概要や市民メディアの映像による紹介などが行われた。約1時間に渡って行われた会見では質疑応答もされ、マスメディアの市民メディアに対する関心が伺えた。テレビで見るような記者会見のような緊迫感はあまり無かったが、それでも私は十分緊張した。(聞いていただけなのに!)
 会見は用意した資料が無くなり、途中で増刷したほど多くの記者の方が来てくださった。大手新聞社からは3人も!!会見が終了しても、インタビューを行う記者の方もいた。今日の会見が、どんな記事になるのかとても楽しみだ。
 実は会場に一番乗りしたのは私(準備に行かず直接会場に行ったため)。事務局の方が来るよりも先に、記者の方がお見えになり非常に焦る。名刺を震える手で頂くも、返すべき自分の名刺は無い・・・。学生なんです!!すいません!!と何をしたらいいのかわからずとにかく焦る。知っている顔がドアから見えたときは本当にほっとした。
e0173286_2312981.jpg
e0173286_23122717.jpg


ボランティアスタッフ 田邉紗織
 
[PR]
by medifes2009 | 2009-09-09 16:25 | 市民記者によるレポート
8月のミーティングの時から三里塚(成田)という農家さんのお野菜を作った料理をパーティーで出せたらいいね、という話は出ていた。
けれど東京ウィメンズプラザには調理室はない!!ということで、私の思いつきで向かいにある大学の調理室を学生のコネで貸してもらえないかと探ってみた。
けれど青学の友達は実習中でなかなか忙しそう。。もう直接行って在校生のフリして聞いてみよう!と思い、炎天下の中学校へ。
でも校内地図見てもどこが事務所かわかんない。
人がいない。暑い。で、帰ってきてしまった。
調べてみたらちょうど事務取扱休止期間だった。。。
いざ期間外に問い合わせてみるものの、調理室の一般への貸出はできない。と当然のように断られてしまった。衛生面の管理責任がどうとか。
ですよね。なんとなく予想はしていたものの残念。
それからの1週間は新潟の芸術祭へ行っていてすっかり調理室の「ち」の字も頭になかったのであります。なんと無責任。。。
そして昨日のミーティングではすでに調理室のめどが立っていました。 四谷地域センター!!(予定)
近々細谷さんが様子を見に行って下さるようです。そして、、
いつも三里塚の収穫祭で美味しい野菜料理(いくつかのブログで紹介されていました。とっても美味しいものを作られるそうで・・乞うご期待です。)をふるっている山形米沢市にある「moto808(もとやおや)」の菅谷姉妹というDIYシェフにご協力いただけることに!!、、白石さんがとりつけてくれました!!
来週あたりパーティー班の作戦会議を予定。
なんだかとっても楽しみになってきた。と同時にやらなければいけないことも見えてきた。

◆メディフェス交流パーティー◆(現段階)
日時:9月20日(日)午後5時~8時くらい
会場:国連大学前中庭(雨天の場合:地球環境パートナーシップオフィス)
入場料:3日パスの方無料、1日券しかない方・飛び込みの方参加費1000円


柏倉ゆみ(学生ボランティア)
[PR]
by medifes2009 | 2009-09-04 01:03 | 市民記者によるレポート

ボランティア説明会

さて、今日の説明会の議事録の書き込みを担当することになった。



ちよだボランティアセンターにて、ボランティア説明会が開催された。

ここで今後の説明が行われ、今後どのようにするかが話し合われた。皆さん結構フライヤーを配ったりポスターを貼ったりと周知活動をしてらっしゃるようであり、自分も頑張らねばならぬと痛感させられる。

(芹沢 亮)
[PR]
by medifes2009 | 2009-09-02 18:43 | 市民記者によるレポート
盛り上がれ~メディフェス!
ということで、プレ企画やります。
スペシャルゲストあり、冊子プレゼントあり、
申し込み不要で飛び入り歓迎です。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

2009年8月29日(土)14:00~16:30

<★TOKYOメディフェス2009プレ企画★>
メディアを変えれば世界が変わる勉強会The Final

 「市民の知る・伝える・提言する権利とマスメディアのCSR」
 http://www.aseed.org/ecocul_media/

 主催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN メディアCSRプロジェクト
 http://www.aseed.org/ecocul_media/

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_


「知る」という権利
「伝える」という権利
「提言する」という権利

現代ほど個人が処理する情報量が多い時代はありません。平成18年版の
経済産業省の『情報流通センサス』レポートによると、この10年間で
「選択可能情報量」は約532倍に、実際に消費された「消費情報量」は
約64倍に増えました。

一方でマスメディアには報道されないニュースや黙殺されるマイノリテ
ィの意見、取り上げられないNGOの政策提言など、「選ぶことの出来な
い情報」は依然として存在しています。

私たちの「知る・伝える・提言する権利」とは何か?
マスメディアはこれらの権利をどう守るべきか?
市民メディアの課題と展望は?

視聴者として、ジャーナリストとして、あるいは編集者として、例えば
「報道されないニュース」が生まれそうな時に、奪われそうな「知る権
利」を勝ち取るアクションを効果的に起こせる方法を一緒に考えてみま
せんか?

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

◆イベント概要

日時:2009年8月29日(土)13:45開場、 14:00開始、16:30終了予定

場所:アシードジャパン事務所
アクセス:東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅より徒歩5分
http://www.aseed.org/recruitment/map.html


◆プログラム(予定)
1:メディアCSRプロジェクト活動紹介
 2:知る権利と世論の喚起
  3:伝える権利と世論の形成
  4:提言する権利と権力の監視
   5:フリーディスカッション「メディアCSRと私たちの情報権」
    ~市民に出来る事・メディアに提言すべき事~

◆資料代:一般500円、学生・ASJ会員300円

◆定員:20名

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
[PR]
by medifes2009 | 2009-08-28 21:50 | 市民記者によるレポート
 TOKYOメディフェス2009には、数多くの学生ボランティアも参加していることをご存じだろうか。

 学校、学年もみな様々。

 そんな中、今回は私、駒沢大学の鍋谷美華がまだまだ経験の浅い日々の中での活動を、自分なりに紹介してみることにしよう。

 少しでも多くの人に参加してほしくて。

 少しでも多くの人に知ってもらいたくて。

 ここで重要になってくる活動が、ポスター&フライヤー配布である。

 8月19日(水)、この日は朝から天気がよく、私が千代田区に構えるOurPlanet-TVさん(メディフェス事務局所在地)を出発した午後2時は、ちょうど太陽が照りつける炎天下。

 同じく学生ボランティアをしているパートナーと共に、ポスターとたくさんのフライヤーがつまったバッグを手に配布活動がスタート。まずは周辺の御茶ノ水からはじまり、地元の方向へと千代田ライン上をせめていこうと、表参道・北千住・松戸・新松戸と周った。

 今回は学生の目にとまりやすい場所ということで学校を中心に周ったのだが、頭にいくつかの目的地をうかべるだけで、特にしっかりとしたプランを立てていくわけではない。

 本当に行き当たりばったりで、携帯電話のGPS機能を片手に、通りにある地図などを確認しながら、小道から大通りまでを迷い込みながらも進んでいく。いろんな坂をのぼったり下りたり。普段歩くことのないところに足を運んでいく。

 都会にこんなゴシックな建物。入り組んだ道にぎっしりと敷き詰められた歴史ある小店の数々。そんな発見をしながらも歩き続け、電車を何度も乗り降りし、気がつけばあっという間に4時間がたっていた。

 しかし、営業時間外だったり定休日だったり、残念ながらお断りされてしまったりで、結果配布できたのは、たったの2ヵ所。

 行けば必ず、という保証はないのである。

 しかし、暑かったことを除けば、このような旅もなかなか楽しいものである。

 道に迷った時、ポスター設置のお願いにうかがう時、街の人、警備員のおじさん、受付の綺麗なお姉さんと交わされる何気ないコミュニケーション。

 自分達は何者なのか、何の活動をしているのか、一から丁寧に説明していく。ひたすらこの繰り返し。

 こちらの行動は一定に変わらないのだけど、相手の対応は行くとこ聞く人によって様々。

 ご了承いただいたところも、お断りされたところも、なんだかとても温かった。

 どの出会いも、みんな一期一会。

 その街の本当の姿も、そこにいる人々の姿も、実は何も知らない。

 電車ではいつも通っていても、何も知らない。

 実際に自分が関わってみなければ。

 一歩出ていくだけで、車窓からは決して気づくことのできない風景、建物、匂い、音、そして人々の温かさが一面に広がっている。

 自分の足であちこち迷いながら、計画することなく気の向くままにいろんな道に入って、たくさん感じ、たくさん発見し、なおかつ人との何気ないコミュニケーションがとれるなんて……素敵ではないだろうか。

 このようなことを自分からはなかなかやろうとする機会がなかったため、思わぬチャンスができてよかったな、と感じている。

 もう少し涼しいと、なおいいんだげれどな……あはは。(涙

 ほんと、「ポスター配布」という名の「街めぐり」ではないだろうか。

 今後もまた、いい旅・いい出会い、できますように……。

 そんな経験、みなさんも是非私たちと体験してみませんか??♪

(駒沢大学:鍋谷美華/学生ボランティア)

e0173286_03795.jpg

e0173286_014317.jpg

[PR]
by medifes2009 | 2009-08-21 23:56 | 市民記者によるレポート
 と、言ってもだな。やっぱりそこは、いきなり「どんどん投稿してください」って言っても最初は敷居が高いと思われるので、まずは事務局にいる私が書いてみることにする。

 ただいま8月20日午後3時。開催までちょうど1か月となった日のメディフェス事務局(@OurPlanet-TV)である。さぞや慌しいことになっているだろうと思われるだろうが、ご覧の通り、今日は事務局の寺田くんも昼過ぎからポスターやフライヤーの配布に出て行ってしまったため、がらんとしたスペースの中で私一人が黙々と諸々の原稿書きにいそしんでいるという、至って地味な光景が展開されている。
e0173286_14383017.jpg
e0173286_14385496.jpg

 うう寂しいな(泣)。といっても、今日はこれからここで「ラジオ番組」の収録が行われることになっている。

 神戸の「FMわぃわぃ」で毎月第4木曜日の21:00~21:30に、アワプラ制作で放送されている「東京ラブレター」という枠があるのだが、この来週27日(木)の放送分で、メディフェスのことについて取り上げることになったのだ。
 で、そこに「ゲスト」で呼ばれて話をすることになったのが、なぜかこの私、不肖・岩本であったりする。

 一応メディフェス、というか正式名称の「市民メディア全国集会」には2000年の第1回目から毎回出ているし、これまでの経緯も大体わかっているだろうから、お前がなんかしゃべれというわけだ。

 FMわぃわぃは神戸市内に限らず、インターネットでのサイマル放送を通じてどこからでも聴くことができるので、関心があったら1週間後の夜9時からの放送をぜひ聴いてみてください。ではでは。
(岩本太郎/メディフェス事務局)
[PR]
by medifes2009 | 2009-08-20 14:58 | 市民記者によるレポート