市民記者ニュース


by medifes2009

<   2009年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

8/27,28 神戸

8月27、28日に神戸を訪れた際、私は長田区にある「FMわいわい」というコミュニティFM放送を行っているNPO法人「たかとりコミュニティセンター」(以下コミュニティセンター)を訪問した。

神戸市の西側に長田区があり、その中に鷹取というエリアがある。JR鷹取駅から徒歩5分の住宅街の中に鷹取教会というカトリック系の教会があり、その敷地内の建物の中にコミュニティセンター(FMわいわい)のオフィスがある。

私はFMわいわいを事前のアポイントもとらずに訪問した。厳重に注意されたのは言うまでもない。

突然の訪問にFMわいわいの方々は当然驚き、「あ、これはマズイ……」と自分がやらかしたことに気づき、同時に心中で自身を恥じたのだが、FMわいわいでディレクターを務める金千秋さんが、突然の訪問にもかかわらず丁寧に対応してくださった。


金さんの説明によると、神戸は開国以来の日本有数の港湾都市であり、それゆえに海外との交流も多く、さまざまな理由で海外からやってきた人たちがそのまま神戸の街に住むようになり、現在に至っているという。

とりわけFMわいわいがある長田区は、在日韓国人、ベトナム・インドなどのアジア系、日系ブラジル人など南米系の人たちが多く在住しており、実際に震災前までの長田区には、人口13万人の中に28カ国、約1万人の外国人住民が暮らしていたとされ、神戸の中でも多文化なエスニックが共存していた。


その折、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災は、神戸の街に壊滅的な被害を与え、鷹取教会や周辺の住宅なども地震やそれによる火災に巻き込まれる被害に遭った。その後、鷹取教会の敷地は救援・復興活動ボランティアの基地となり、そこでさまざまな活動が行われた。

その活動の中に「FMヨボセヨ」という在日韓国人向けの放送と、「FMユーメン」という在日ベトナム人向けの放送があり、震災の翌年にそれら2つの放送が融合、ヨボセヨ(Yoboseyo)とユーメン(Yu^men)の頭文字をとって「FMわいわい」というコミュニティ放送局となったのである。

震災救援活動で行われた取り組みや組織は、2000年に「NPO法人たかとりコミュニティセンター」として、一まとめに行われるようになり、今なお鷹取の地で活動を行っている。FMわいわいも、コミュニティセンターの1つのセクションとして10の言語で放送されている。

そのプログラムの中には、在日外国人向けの生活情報のみならず、アトピー患者と医者、日本国憲法、地元高校放送部の放送など、マスメディアでは取り上げられないテーマを多岐に扱っている。


金さんは、FMわいわいを「流すラジオ」ではなく、コミュニティセンター内外で行われるさまざまなイベントや取り組みなどと連動させ、「見えるラジオ」にすることを心がけているという。


金さんからFMわいわいについてお話を聞いた後、コミュニティセンターでインターン活動をしている立命館大3年のイ・ジョンウンさんと、同じく2年の小沢カオリさんとも、FMわいわい、コミュニティセンターについて、そしてメディフェスについてお話をした。

2人はコミュニティセンターで「多言語センターFACIL」という翻訳・通訳のコーディネート活動と、「Re:C」という在日外国人の子供たちのコミュニティスペース運営のスタッフをしている。
2人にメディフェスのお誘いを言ったところ、イさんは「行けるかもしれない」とのこと。おっと好感触。



地域に根ざし、なおかつ一般の人たちが日ごろ意識しないテーマを取り扱い、そして地域と積極的に連動するFMわいわい。

地域と市民メディアのよりよいあり方とは何かを考えながら、夜の南京街で魯肉飯を食べつつビールを引っ掛けるのであった。


(寺田 岳広)
[PR]
by medifes2009 | 2009-09-10 17:05
 今日9月9日(水)、霞ヶ関の弁護士会館10階で、TOKYOメディフェス2009のプレス会見が行われた。
 今回の会見では市民メディアアドバイザーの下村健一さん、NPJ編集長で弁護士の日隅一雄さん、駒澤大学の金山智子さん、Our Planet代表の白石草さん、フリーライターでメディフェス事務局の岩本太郎さんの5人が、メディフェスの概要や市民メディアの映像による紹介などが行われた。約1時間に渡って行われた会見では質疑応答もされ、マスメディアの市民メディアに対する関心が伺えた。テレビで見るような記者会見のような緊迫感はあまり無かったが、それでも私は十分緊張した。(聞いていただけなのに!)
 会見は用意した資料が無くなり、途中で増刷したほど多くの記者の方が来てくださった。大手新聞社からは3人も!!会見が終了しても、インタビューを行う記者の方もいた。今日の会見が、どんな記事になるのかとても楽しみだ。
 実は会場に一番乗りしたのは私(準備に行かず直接会場に行ったため)。事務局の方が来るよりも先に、記者の方がお見えになり非常に焦る。名刺を震える手で頂くも、返すべき自分の名刺は無い・・・。学生なんです!!すいません!!と何をしたらいいのかわからずとにかく焦る。知っている顔がドアから見えたときは本当にほっとした。
e0173286_2312981.jpg
e0173286_23122717.jpg


ボランティアスタッフ 田邉紗織
 
[PR]
by medifes2009 | 2009-09-09 16:25 | 市民記者によるレポート
8月のミーティングの時から三里塚(成田)という農家さんのお野菜を作った料理をパーティーで出せたらいいね、という話は出ていた。
けれど東京ウィメンズプラザには調理室はない!!ということで、私の思いつきで向かいにある大学の調理室を学生のコネで貸してもらえないかと探ってみた。
けれど青学の友達は実習中でなかなか忙しそう。。もう直接行って在校生のフリして聞いてみよう!と思い、炎天下の中学校へ。
でも校内地図見てもどこが事務所かわかんない。
人がいない。暑い。で、帰ってきてしまった。
調べてみたらちょうど事務取扱休止期間だった。。。
いざ期間外に問い合わせてみるものの、調理室の一般への貸出はできない。と当然のように断られてしまった。衛生面の管理責任がどうとか。
ですよね。なんとなく予想はしていたものの残念。
それからの1週間は新潟の芸術祭へ行っていてすっかり調理室の「ち」の字も頭になかったのであります。なんと無責任。。。
そして昨日のミーティングではすでに調理室のめどが立っていました。 四谷地域センター!!(予定)
近々細谷さんが様子を見に行って下さるようです。そして、、
いつも三里塚の収穫祭で美味しい野菜料理(いくつかのブログで紹介されていました。とっても美味しいものを作られるそうで・・乞うご期待です。)をふるっている山形米沢市にある「moto808(もとやおや)」の菅谷姉妹というDIYシェフにご協力いただけることに!!、、白石さんがとりつけてくれました!!
来週あたりパーティー班の作戦会議を予定。
なんだかとっても楽しみになってきた。と同時にやらなければいけないことも見えてきた。

◆メディフェス交流パーティー◆(現段階)
日時:9月20日(日)午後5時~8時くらい
会場:国連大学前中庭(雨天の場合:地球環境パートナーシップオフィス)
入場料:3日パスの方無料、1日券しかない方・飛び込みの方参加費1000円


柏倉ゆみ(学生ボランティア)
[PR]
by medifes2009 | 2009-09-04 01:03 | 市民記者によるレポート

ボランティア説明会

さて、今日の説明会の議事録の書き込みを担当することになった。



ちよだボランティアセンターにて、ボランティア説明会が開催された。

ここで今後の説明が行われ、今後どのようにするかが話し合われた。皆さん結構フライヤーを配ったりポスターを貼ったりと周知活動をしてらっしゃるようであり、自分も頑張らねばならぬと痛感させられる。

(芹沢 亮)
[PR]
by medifes2009 | 2009-09-02 18:43 | 市民記者によるレポート