市民記者ニュース


by medifes2009
TOKYOメディフェス2009実行委員会は以下のメンバーで構成されています。(2009.7.04現在)

●代表委員
岩本 太郎(フリーライター)
下村 健一(市民メディアアドバイザー)
白石 草(OurPlanet-TV)
松浦 敏尚(市民メディアセンターMediR)
中野 真紀子(デモクラシー・ナウ!ジャパン)
●委員
赤石 千衣子(つながるひろがるフェミジャーナル ふぇみん)
阿部 裕(JCJ)
池田 佳代(OurPlanet-TV)
大川 眞(エクスログ)
小笠原 秀樹(あおもりラジオくらぶ)
奥田 みのり(フリーライター)
影浦 峡(東京大学大学院教育学研究科)
金山 智子(駒澤大学)
佐藤 昇(エクスログ)
鈴木 賀津彦(横浜市民放送局Y150)
鈴木 秀和(A SEED JAPANメディアCSRプロジェクト)
鈴木 亮(A SEED JAPANメディアCSRプロジェクト)
世古 一穂((特非)NPO研修・情報センター)
高瀬 幸子(イラク平和テレビ局inJapan首都圏)
土屋 豊(ビデオアクト)
寺田 岳広(東洋大学3年)
中里 英章(成田プロジェクト・七つ森書館代表)
浜田 忠久(JCAFE)
日隅 一雄(NPJ)
平野 隆章(OurPlanet-TV)
平林 祐子(都留文科大学)
細谷 修平(大学院生)
松浦 弘智 (netsquared.jp,ひょうごんテック世話人)
松原 明(ビデオプレス・レイバーネット)
森広 泰平(アジア記者クラブ・MediR)
山川 宗則
吉田 卓史(OurPlanet-TVボランティア)
吉田 孝行(映画美学校)
若杉 昌矢(映画ライター・ラジオパーソナリティ)
[PR]
# by medifes2009 | 2009-06-25 21:22 | メディフェスとは
市民メディア全国交流集会は、市民メディア、メディア実践者や研究者、行政、企業などが協働で、具体的な実践活動のプレゼンテーションや情報交換などを通して、これからのメディアのありかたを考える交流ネットワークです。
2004 年から、愛知県名古屋市、鳥取県米子市、熊本県山江村、神奈川県横浜市、北海道札幌市(ほか道内各地)で開催してきました。各地域の開催趣旨に賛同する市 民・市民メディア実践者・行政・企業・研究者などからなる実行委員会がホストとなり、交流の場を設けています。

これまでの交流集会

2008年(第6回)
開催地:京都府京都市
名称:京都メディフェス 第9回市民メディア全国交流集会
テーマ:つかう・えらぶ・つくる~十人十メディア時代~
会期:2008年9月12日(金)~9月14日(日)
http://www.shiminmedia-kyoto.jp/about/

2007年(第5回)
開催地:北海道札幌市 ほか道内各所
名称:市民メディアサミット’07 第5回市民メディア全国交流集会@北海道’07
テーマ:地域が変わる◆メディアを変える
会期:2007年9月7日(金)~2006年9月9日(日)

2006年(第4回)
開催地:神奈川県横浜市
名称:市民メディアサミット06 第4回市民メディア全国交流集会@よこはま06
テーマ:市民メディアは社会をつなぐ
会期:2006年9月8日(金)~2006年9月10日(日)

2005年(第3回)
開催地:熊本県球磨郡山江村
名称:第3回市民メディア全国交流集会 in 山江村
テーマ:TVは見るもんじゃなか、出るもんばい!!
会期:2005年9月9日(金)~2005年9月11日(日)
http://www.yamaemura.jp/new.htm


2004年(第2回)
開催地:鳥取県米子市
名称:第2回全国市民メディア交流大会 in Yonago
テーマ:メディアで創る、豊かな人と地域社会
会期:2004年10月29日(金)~2004年10月30日(土)
http://www.chukai.ne.jp/~siminmedia/

2004年(第1回)
開催地:愛知県名古屋市
名称:市民メディア全国交流集会2004
テーマ:広げよう! 市民メディアの輪
会期:2004年1月24日(土)
[PR]
# by medifes2009 | 2009-06-19 17:02 | メディフェスとは
「衣食住」は、生活に必要な代表的なもの、「衣食足りて礼節を知る」なんて言い方もする。でも、果たして、衣食住が満ち足りていれば本当に豊かに生きているといえるのだろうか?

アメリカ産の世界恐慌で露わになったのは、いつまでも満ち足りているように思っていた衣食住が実は溶けつつある流氷の上に載っていただけってことだ。そして、流氷から脱出するヘリコプターのチケットはすでに予約でいっぱいだ。もしかしたら、予約客がヘリコプターに持ち込むブランド入りのバッグを減らしてくれれば、僕らの席もあるかもしれないけれど、席が本当は何席あるのか、本当に必要な荷物しか持ち込んでいないのか、だれも教えちゃくれない。

 でも、よく考えたら、ずいぶん前から、君たちは流氷の上にいるんだぞって教えてくれた人がいるような気もする。僕たちは、なぜ、その人の言っていることに耳を傾けなかったのだろうか。なぜ、僕たちはその人の声を伝えることができなかったのだろうか。

 流氷の上では、いまも、ジャグラーが大きな声ですばらしい技を見ていくように叫んでいる。もしかしたら、あの声の大きさが、あの大切な声を消したのかもしれない。僕たちが伝える気持ちを失った原因なのかもしれない。

 もし、僕たちが勇気を出して少し大きな声を上げていたら、ジャグラーの中にも、あの大切な声を叫んでくれた人がいるかもしれない。

――これまでは、普通の市民が使える伝える手段は限られていた。

しかし、いま私たちは、ラジオ電波やケーブル、インターネットなどを利用して、発信することができるようになっている。

 そういう手段を利用して、あなたやあなたの仲間は、自ら「席がまだ空いている」ことを伝えようとしているだろうか?ジャグラーに伝えてくれってお願いしているだけではないだろうか?

 伝えることができていないとしたら、それはジャグラーになるのが大変だって思いこんでいるから。

 みんなが楽しく、必要なことを伝える小さなジャグラーになることができるのに、なれないままなのはなぜだろう。みんなが小さなジャグラーになって、自ら発信し、その声をほかの小さなジャグラーに伝えたら、世の中は変わるのに……。
[PR]
# by medifes2009 | 2009-06-19 16:59 | メディフェスとは
人々がメディアにどうかかわり、どう活かして豊かな社会を確保するのか。私たちは今、考えなければならない時期を迎えています。
「メディフェス」は、国内の独立系メディアや市民メディア関係者、クリエイターや映画関係者、メディア研究者やジャーナリストなどが集まり、具体的な活動の実践報告や情報交換などを通して、これからのメディアのありかたを考える年に1度のお祭りです。
今年のテーマは「衣・食・住+メディア~いまを生きるために必要なもの~」。未曾有の経済危機が叫ばれる中、誰もが排除されずに暮らしていくにはコミュニケーションとメディアの存在が欠かせません。メディフェスでは「メディア」という[触媒]を用いながら、途切れ途切れになっている人々のつながりを埋め、世界人権宣言19条でうたわれている「コミュニケーションの権利」を改めて問いなおしていければと思っています。
なお本年は、初めて欧米、アジアからコミュニティメディアの一線で活躍する実践者を招く国際シンポジウムを企画。グルーバル化で進むメディアの課題を探り、互いの経験を共有しあうセッションを多数設ける予定です。

名 称:第7回市民メディア全国交流集会|TOKYOメディフェス2009
テーマ:衣・食・住+メディア~いまを生きるために必要なもの~
会 期:2009年9月20日(日)~9月22日(火)
会 場:メイン会場・・・東京ウィメンズプラザ
     オープン会場・・・国連大学前
プログラム概要:
◇9月20日(日)オープニング・基調講演/分科会/交流パーティー 
◇9月21日(月・祝)分科会/国際フォーラム/分科会
◇9月22日(火・祝)分科会/総括ティーチイン/クロージング

※期間中は映画上映も行われるほか、オープン会場にはカフェスペースや展示コーナーを設置。同会場では、ミニFM局やインターネット放送局での放送や配信が行われるほか、多数のワークショップ企画が予定されています。

主催:TOKYOメディフェス2009実行委員会
[PR]
# by medifes2009 | 2009-06-19 16:58 | メディフェスとは

お問い合わせ

お問い合わせ

TOKYOメディフェス2009実行委員会 岩本・白石
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-3NSビル OurPlanetTV内
Tel:03-3296-2720 Fax:03-3296-2730
Email:info@medifes.net
[PR]
# by medifes2009 | 2009-06-19 16:42 | 問い合わせ