市民記者ニュース


by medifes2009

タグ:メッセージ ( 1 ) タグの人気記事

「衣食住」は、生活に必要な代表的なもの、「衣食足りて礼節を知る」なんて言い方もする。でも、果たして、衣食住が満ち足りていれば本当に豊かに生きているといえるのだろうか?

アメリカ産の世界恐慌で露わになったのは、いつまでも満ち足りているように思っていた衣食住が実は溶けつつある流氷の上に載っていただけってことだ。そして、流氷から脱出するヘリコプターのチケットはすでに予約でいっぱいだ。もしかしたら、予約客がヘリコプターに持ち込むブランド入りのバッグを減らしてくれれば、僕らの席もあるかもしれないけれど、席が本当は何席あるのか、本当に必要な荷物しか持ち込んでいないのか、だれも教えちゃくれない。

 でも、よく考えたら、ずいぶん前から、君たちは流氷の上にいるんだぞって教えてくれた人がいるような気もする。僕たちは、なぜ、その人の言っていることに耳を傾けなかったのだろうか。なぜ、僕たちはその人の声を伝えることができなかったのだろうか。

 流氷の上では、いまも、ジャグラーが大きな声ですばらしい技を見ていくように叫んでいる。もしかしたら、あの声の大きさが、あの大切な声を消したのかもしれない。僕たちが伝える気持ちを失った原因なのかもしれない。

 もし、僕たちが勇気を出して少し大きな声を上げていたら、ジャグラーの中にも、あの大切な声を叫んでくれた人がいるかもしれない。

――これまでは、普通の市民が使える伝える手段は限られていた。

しかし、いま私たちは、ラジオ電波やケーブル、インターネットなどを利用して、発信することができるようになっている。

 そういう手段を利用して、あなたやあなたの仲間は、自ら「席がまだ空いている」ことを伝えようとしているだろうか?ジャグラーに伝えてくれってお願いしているだけではないだろうか?

 伝えることができていないとしたら、それはジャグラーになるのが大変だって思いこんでいるから。

 みんなが楽しく、必要なことを伝える小さなジャグラーになることができるのに、なれないままなのはなぜだろう。みんなが小さなジャグラーになって、自ら発信し、その声をほかの小さなジャグラーに伝えたら、世の中は変わるのに……。
[PR]
by medifes2009 | 2009-06-19 16:59 | メディフェスとは